理由を把握

足腰が痛む理由について

年齢を重ねると足腰が弱くなるなど体力的な低下を感じる人が少なくありません。 特に若い頃より長い距離を歩くと足腰が痛むとか、立ち上がった時に痛みを感じるなどの症状は老化が原因で仕方がないことだと諦めている人も多いですが、最近ではそのような症状に対しても適切な治療で改善されるようになってきています。 これらの痛みは背中にある脊髄を走る脊柱管が狭くなってしまうことが原因になっている場合が多くあります。脊柱管が狭くなってしまうと体を動かさなければ痛みは感じないものの、体を動かすと足や腰に痛みが出ると言う症状が出るようになり、特に中高年になると発症者が増えるという特徴があります。 腰部の脊柱管が狭くなることで起こる症状は腰部脊柱管狭窄症と呼ばれています。

腰部脊柱管狭窄症の今後の動向の予測

現在の日本では高齢化が進んでいるので、中高年になると発症者が増える腰部脊柱管狭窄症は今後も患者数が増えることが予測されます。 腰部脊柱管狭窄症の治療は、軽度の場合は痛みどめの注射やリハビリなどの対症療法でも効果がありますが、歩くことが困難になるほどの症状の場合は手術が行われることもあります。 高齢者の場合、手術による体の負担も考慮する必要がありますが、腰部脊柱管狭窄症の場合は内視鏡下手術も行われています。 最近では、あらゆる手術に対して内視鏡手術が取り入れられるようになってきていますが、内視鏡手術は切開の範囲が少なくて済むため、体の負担が少なくて済むというメリットがあります。そのため、あらゆる疾患において今後も内視鏡手術が増えていくことが予測されます。