医師の判断

この病気の外科的手術について

今回腰部脊柱管狭窄症について記載していきます。外科的な手術は医師の診断が必要となります。大学病院等の手術が可能な機関に行き、そちらの医師の判断のもと、もしその手術が必要であれば行っていくこととなります。手術の方法は様々で脊椎の椎弓を切除する椎弓切除術、こちらは椎弓と呼ばれる脊椎の一部を切除することによって脊椎の中で脊柱管と言われる神経が、とおっている穴が狭くなった腰部脊柱管狭窄症の方の脊柱管を広げ、神経の圧迫を減らします。ほかには脊椎固定術などもあります。これは脊椎が何らかの影響で腰部脊柱管狭窄症の方の場合、脊柱管が狭くなっているので、広げた位置で脊柱を固定することで狭窄を広げる手術です。こちらも腰部脊柱管狭窄症の方にはよく、行われる手術です。

よく手術が行われる理由について

腰部脊柱管狭窄症の手術がよく行われる理由についてはそれだけ年齢が重なり、腰部の椎骨の変形が起こり、腰部脊柱管狭窄症の方が増えているからだと思います。今回様々な手術が行われてきていますが、現状として必ずしもこの手術をやれば大丈夫というものはありません。色々な手術が今も考えられて患者に行われていると思います。構造を治すことが出来るのは手術しかありません。ただ手術してしまうと後戻りが、できないところもあるため他の治療を様々試してみて、どうしようもなければ最終選択として手術がよいと思います。医者によっては早ければ早いほどよいという方もいますが、個人的には手術してよくならず悪化している方もいるので、治療の選択はしっかり行うとよいと思います。