高齢者に起きる

講演でも取り組みについて紹介を行ってくれます。脳動静脈奇形を直して、健康的な生活を取り戻していくことが出来ます。

早目に医療機関に受診して治療することが大切です

腰と関連する病気は、とてもたくさん存在するのですが、高齢化社会を迎えた世に中では、腰部脊柱管狭窄症が注目されています。 高齢者になりますと、経年変化として骨の変形や椎間板の変性が起こりますので、腰部脊柱管狭窄症を起こし易くなるのです。 症状としては、腰の痛みだけではなくて、下肢へのシビレや痛みが特徴的です。 このため、高齢者がこうした症状を呈するなら腰部脊柱管狭窄症を疑って、医療機関に早目に受診する必要があります。 なぜ早目かと言うと、腰部脊柱管狭窄症は時として下肢や内臓の麻痺を伴って、手術を要することもあるからです。 したがって、腰部脊柱管狭窄症で早目に医療機関に受診して治療すると、手術を回避できる可能性が高まります。

MRI検査をしたうえで治療が行われています

では、具体的に医療機関で腰部脊柱管狭窄症に対して、どんなことを行っているか説明します。 まず検査としては、レントゲン検査だけではなくてMRI検査を行います。 これは骨のみだけではなくて、腰の部分でどれくらい神経を刺激しているかを調べる必要があるからなのです。 次に行われている治療法ですが、薬物療法と物理療法に大別されます。 薬物療法としては、非ステロイド性の消炎鎮痛剤と、神経痛を緩和する薬剤が代表的です。 物理療法としては、低周波治療や牽引治療やマッサージ、さらにはコルセットの装着などが、腰部脊柱管狭窄症に対してよく行われています。 もちろんこうした保存療法のほかに、手術療法も存在します。 最近は、レーザーを用いた手術方法も開発されていますので、手術療法も以前より身体への負担が少なくなっています。

体の麻痺

腰部脊柱管狭窄症の手術に関して、最近アメリカより気になる報告が出されました。2年の追跡調査の結果、保存療法のみの患者との間において、改善状態はあまり変わらなかったと言います。また、その予防には現在正しい姿勢、適度な運動が推奨されています。

医師の判断

つまり、腰部脊柱管狭窄症の手術は様々な病態や患者の現状があるため、これを利用するためには医者の診断と判断に委ねられます。また手術も様々あり、人気も色々ですがまずは大学病院などに行き、医者の話をきくとよいと思います。

ピックアップ

理由を把握

足腰の痛みは年齢と共に起きることもありますが、腰部脊柱管狭窄症の場合もあるのです。腰部脊柱管狭窄症の場合はどのように対処すると良いのか知っておくと役立つ情報を提供します。

» readmore